カテゴリー : FX

ダウ理論のお勉強 その1

ごきげんよう、管理人の透-架(とーか)です。
まず何よりも先に理解しなければいけないのはダウ理論です。
これが理解できないと、現在のトレンドがアップトレンドなのかダウントレンドなのか解りません。
なぜトレンドを知る必要があるのか、それはトレンド方向に乗っかった方が利が得やすいからです。
ですから、基本的にエントリーはトレンド方向に順張りをするというのが理想的です。

—ダウ理論とは—
チャールズ・ダウが提唱した市場での値動きを評価するための理論である。
と、wiki等を見ると書いてあります。
ダウ理論には色々な基本法則がありますが、FXで必要な基本法則は1つだけです。

・トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

これだけです。
「高値を更新して、安値を切り上げていく動きがアップトレンド」
「安値を更新して、高値を切り下げて行く動きがダウントレンド」
おそらく、どこのFX攻略系のサイトを見ても、似たような事が書いてあると思います。
この、更新・切り上げ、更新・切り下げを継続する限りは、トレンドが転換したとは言えませんよ、という事です。
言葉では解っているつもりでも、実際のチャート見ると、トレンドの方向が解らなくなる人が多いです。
トレンドの方向を知るためには、チャートに高値・安値を意識しながら線を引いて波を描いてみるのが一番です。
むしろ、この波を描く事がスラスラ出来る様にならないと、ダウ(トレンド)が理解できたと言えませんし、
アップトレンドなのかダウントレンドなのか、自分の中でしっかり確信を持つことができないので、トレードにおいて目線の固定ができません。
波を描く作業は、基本中の基本、ここを面倒臭いと言って手を抜くと、絶対に勝てません。
波の描き方も、後ほど丁寧に教えて行くので、まずは実際にやってみてください。
スポーツでもそうですが、実戦経験を積んで経験値を得て、それがレベルアップにつながっていくものです。
FXも例外ではありません、文章を読んで、解った気になるのが一番駄目で、なぜかFXをやり始めた人はネットの広告のせいもあるでしょうけど、
すぐ勝てる、すぐ儲かると思ってしまうんですよね。
FXは大きな夢を叶えてくれる可能性は間違いなく持っていますが、勝てる様になるためには、それ相応の努力は絶対必要です。
ただ、FXは努力しただけ絶対結果が付いてきます。
勝てない方は、努力が足りないか、努力の方向性が間違っている可能性があるので、この基本の段階からしっかりやりましょう。
で、自分で試行錯誤しながら、自分の頭を使って実際にやることで、体に染み込んで習慣化されます。
習慣化というのは、本人の中で「当たり前の事」になるという事です。
歯を磨いたり、靴ひもを結んだりするのと同じ事です。
習慣化すれば、チャートに波を描く事は面倒臭いとも、何とも思わなくなります。
少し話がそれますが、人間は、いつもの行動・作業から逸脱したり、新しい事に取り組もうとすると、拒否反応が出ます。
これは人間としてふつうの事で、苦痛・面倒という様な感情が出るのは、本能的に間違いではありません。
ですが、そこを1週間ぐらい我慢すると、不思議な事に、苦痛だと思っていた行動や作業が、習慣化されはじめて、
今度は逆にその行動や作業をしないと人として違和感を覚える様になります。
ですから、最初はつらい事でも、それが自分の人生において必要な事なら、習慣化させるべきだと私は思います。
FXでお金を稼ぎたいのであれば、波を描く事は必須だと思ってください。
次の項目では、波を描く前に、トレンドをもう少し掘り下げて解説してみます。


図を見てもらえれば解る通り、トレンドというのは波を形成しながら作られて行きます。
ここではFXは「買いの勢力」と「売りの勢力」の戦いという事も含めてトレンドを解説していきます。
解説はアップトレンドですが、ダウントレンドはこれの真逆だと思っていただければ大丈夫です。
まず、トレンドに限らず、相場で一番重要なのは高値と安値です。
相場の参加者、特に「相場を動かす力を持っている人」は高値と安値しか見ていません。
では、高値と安値って何でしょうって事で、図を見てもらえると解りますが、高値と安値の部分って
山と谷が出来ている部分という事が解ると思います。
なぜ山とか谷が出来るかと言うと、買いと売りの勢力に差があるからです。
アップトレンドと言っても、買いの勢力が相場で好き放題やっているわけではなく、必ず売りの勢力が抵抗してくる場所があります。
ここを突破されたら困る、都合が悪いという売り勢力が必死で防衛するところが必ずあります。
必死で防衛しますが、結局アップトレンドでは買いの勢力が強いので全て売りの勢力は殲滅されて行きます。
こうして、抵抗と突破を繰り返して波を作って行くのがトレンドと言うもので、
買いの勢力が売りの勢力を完全に殲滅していくのがアップトレンドになります。
図はチャート上に引いたラインでは無いですから、比較的理解しやすいと思います。
これがチャートになると、途端に解らなくなる方が大半なので、次回はチャートを使って波の描き方を説明します。

これからやっていく事を大まかに説明します

ごきげんよう、管理人の透-架です。
結局サイトの外観は変更しました、前に使った事がある黒主体の外観にしました。
細かい部分で手直ししたいところが沢山ありますので、ちょこちょこ直していきたいと思います。
さて、現在リアルタイムで、FXで勝てなくて困ってこのサイトに来ているという方はまだ居ないと思います。
これからも来ないかもしれませんが…。
勝てない方への道しるべ的なサイトは沢山ありますし、FX攻略サイトでのし上がってやろうなんて微塵にも思っていませんから、
知る人ぞ知るってサイトになって行けばそれで良いかなと思っています。
結局は管理人の自己満足というか、自己管理というか、自分がFXで道を外さないための戒め的な存在としてサイトを使って記録を残して行こうという感じです。
それに、他人にうまく説明できないと、自分の中にしっかり知識や技術を落とし込めていないという事になるので、
どんなことでも、人に教えるというのは、自分自身の成長につながり良い事だと私は思っています。
観覧者様には、前にも書いたとおり、FXで自由なお金と時間を生み出して共に人生をエンジョイしてほしいです。
このサイトは、今後もお金を取ったりしませんし、商材を売る事もしません。
だからと言って、いい加減な事は書きませんし、勝てないで困っている人、FXを始めたばかりの人が、お金をかせげる様に真面目にやっていきます。
なので、お金は取りませんが、私がこれは必須だと書いたものは、率先して買った方が近道になる事は間違いないです。
例えば、今はまだ買う必要性はありませんが、右の柱にある「デイトレーダー」「エリオット波動」の書籍は私的に必須アイテムです。
上のワルキューレのブルーレイとかは無視して良いです、最近はまりまくってるだけです。
マクロスデルタではなく、ワルキューレにはまっています、これはこれで素晴らしいので何時か語りたいです。
と、脱線してしまいましたが、FXでお金を稼ぐには、書籍はある程度必須になってきます。
なんというか、知識とか技術というよりは、メンタルとかFXに対する向き合い方を育てて行くのに必要と言う感じです。
さてさて、では実際に今後、どういった手順ですすめて行くかを今回はおおまかに流れを説明します。
基本的には、FXをはじめた方が、余計な寄り道をしないで、最短で稼げるようになれば良いなという意識で書いて行く予定です。
FX経験者で、行き詰っている方は、難しい事ですが、自身のプライド、知識、経験を全部リセットして、白紙の状態から素直に学べば、結果は早くでると思います。
のちのち記事が多くなって来たら、この記事の順番に学習してください的なものも上のメニューあたりに作ろうと思っています。
さてさてさて、まずは基礎中の基礎という感じですが、本当の基礎は前にも書きましたが、色んなサイトを参照してください。
例えば、口座の作り方、MT4の使い方、チャートの基本的な見方(時間足とかローソク足とか)とかです。
そう言った事はある程度理解したという前提で、このサイトは初めて行きます。
私の真似をした方が早いかもという方は、OANDAで口座を開設すると良いと思います。



マイナンバーカードを作ってない方はきっと今だと口座を開設するのに時間がかかると思うので、マイナンバーカードは作っておいた方がいいです。
マイナンバーカード自体、今は結構時間かかりますけども…。
まずこのサイトで、勉強するのは「ダウ理論」です。
皆さんはチャートにきちんとダウ理論を活用して、波を描く事ができるでしょうか?
まず、後にも先にもダウが理解できて、それをトレードに活かせてなければ、お金を稼ぐ事はできません。
次に学習するのは「エリオット波動」です。
これは結構、必要ないと考えている方も居ますが、私はエリオット波動も知っていないと、右側を想像する事もできませんし、自分の立ち位置も目線も不安定になります。
次は「ローソク足の買いの勢力と売りの勢力の考え方」です。
勝ててない方は、この知識が抜けている可能性が大きいです。
次に「水平線」です。
水平線も色んなサイトでどうやって引いたらいいのか、考え方は十人十色ですが、優位性のある水平線の引き方は存在します。
どちらかと言うと、勝つために引くのではなく、ここに引かないと負けるよという感じでしょうか。
次は「資金管理、利食いと損切」です。
結局のところ、ここがしっかりできていないと、勝ち続ける、稼ぎ続けるという事はできません。
多くの人が、人間の持つ、欲や恐怖でルールを守れなかったりします。
これの対処の仕方、向き合い方を教えます。
今のところ、次で最後と考えていますが、最後は「メンタル」です。
FXはメンタルが80~90%を占めると言われるくらい、メンタルが一番大事です。
一番大事なのになぜ最後なのかと言うと、トレードを何回か繰り返さないと、本当にメンタルが大事だと言うことを痛感出来ないからです。
一番最初にメンタルの事をあーだこーだ言っても全然響きませんから、メンタルは一番最後になります。
以上が、今のところ私が考えている勉強の流れです。
ちなみに、私が、このような事をどこで学んだかなんですが、正直言って色々です。
お金を払って得たものもありますし、自分でネットを沢山みて集約した考え方や理論もありますし、リアルで人に教わったりもあります。
自分の中でこれは絶対大事だというものを「検証して確証に変えて行く」という地道な努力をして集約したものを教えて行きます。
なので、自分と同じことを教えていたり、書いていたりするサイトは探せばあると思いますが、自分がそういうサイトを見てきて思ったのは、
自分だったらこう説明したほうが、落とし込みやすいなとか、しっくりくるなとか、そう思う事が振り返ると多く、そこも教訓として
解りやすいを第一にやっていこうと考えています。
次回は早速、ダウ理論をやっていきます。

FXの魅力について

ごきげんよう、管理人の透-架です。
サイトの方は大々的な改装はしません…、というか、する時間が無いという方が正解なんですが、今回の記事からサイトの趣旨が変わって、しばらくはお金(FX)の話中心になる予定です。
旧感想考察は検討中ですが、雑記として書いていたものは古いものから消します。
記事にしないというだけで、私のエロい方面の趣味的なものは何も変わっていません。
むしろこんな奴でもお金を産みだす事ができるのですから、皆さん余裕だと思ってください(えー
さてさてさて、今回はFXの魅力について話をしたいと思います。
FXをやった事ない人は是非チャレンジしていただいて、お金持ちを目指しましょう。
率直に言って、FXの魅力は少額から始められるのに、成功すれば多額の利益を得る事が可能なところです。
もちろん、きちんと勉強をして、FXをギャンブルではなく、自分の資産運用の道具として見る必要があります。
どうしたら、ギャンブルにならないFXが出来る様になるのか等の詳しい話は、後日、順を追って記事にしていきたいと思うので、よろしくおねがいします。
で、FXの魅力についての続きですが、皆さんが今どんな仕事をしているか解りませんが、会社に勤めていたとして、1年後に自分の収入が2倍にも3倍にもなることがあるでしょうか?
おそらく、血のにじむ様な努力をして、凄い業績をあげたとしても、給料が倍になるって事は無いと思います。
FXは血のにじむ様な努力までは必要ないと思いますが(人によります)、一生懸命勉強すれば1年後、2年後、あきらめずに続けていれば、自分の想い通りのお金を自分のチカラで生み出す事が可能です。
なんと言っても、そこが魅力です。本当の意味での成果報酬です。
そして、もう1つの魅力は、今の仕事をしながら出来るという事です。
考え方は人それぞれなので、私の考え方が最良とは言いませんが、今の仕事をしながらなので、
収入の面でも精神面でも保険がかけられます。
きちんと勉強すれば、FXで借金を抱えるなんて事はあり得ないのですが、万が一、間違ったやり方でそうなってしまっても、毎月決まった額の収入があるというのは精神的に良い事です。
自信のある方や、貯金が3年間ぐらい何もしなくても生活していけるくらいある方はいきなり専業トレーダーになったりするケースもありですが、私は最初は安定した収入を得れる職に付いておいてそこからFXを勉強しながら始める方が良いと思います。
初めから勝てる人は稀ですし、問題はずっとこの先も勝ち続けられるかですから、何も保険がないのはメンタルが崩壊しやすいです。
実力や自信に根拠が付いてきたら、考えれば良いと私は思います。
この様に、FXは短期間でお金持ちになるという訳ではなく、本来はコツコツと目標を定めて勉強・検証をして勝てる様になり、利益が積みあがっていくという流れです。
ネットの広告やFXの商材などを見ていると、さもすぐ大金持ちになれるみたいに感じますが、FXはそんなに甘くありません、まずみんなここにはまって勘違いし、数年間を無駄にします。
私も3年間は無駄にしています。全部が無駄だったわけではないですが、はじめから知っていたらという知識が沢山ありましたので、このサイトでは、はじめから間違った方向に進まない様な話もしていきます。
しかし、いきなりとは言わないまでも、勝てる様になってきたら、1年~2年で生活が変わってくるというのは短期間と言えば短期間なのではないでしょうか。
みなさんここ1~2年で、劇的に生活水準やお金の自由度が上がりましたか?
ある程度歳を重ねた時に、私はふと思ったんですよね…、このまま、この会社で、定年まで働き続けるのか…。
定年を迎えても、延長して、給与も下がりながら、少ない年金で生きて行くのか…。
自分はもちろん、嫁や子供たちと悠々自適なお金に困らない自由な生活を送りたい。
そのためにはどうすればいいのか、今すぐできる事で自分を変えられる事はないだろうか…。
そう思って、ネットを検索した事が私とFXとの出会いでした。
私はそこからまずネットや書籍で勉強をして、基本的な事を学びました。
それから3年間、FX初心者に陥りがちな、「聖杯探し」というのがあるのですが、それで無駄な時間を過ごします。
今考えても、この3年間はこの3年間があったからこそ今があるとは思いますけども、それでも後悔しています。
なので、皆さまには、FXを強く進めると同時に、なるべく短期間で本当のFXの取り組み方というのをここで紹介して行けたらと思っています。
というわけで、まずはFXに触れてみてください。
未だに危険だなんだとか言う人がいるかもしれませんが、本当に危険なのでしょうか?
私はFXを危険だと思ったことはありませんし、実際にFXで生活している人が世界中に居ると言うのに危険だと言う人は情報が偏っているとか、FXをやったことが無いか、ギャンブルFXでお金を溶かした人なのではないかと推測します。
とにもかくにも、まずは行動からです。証券会社で口座を作り、為替チャートを見たり、デモでトレードを試してみたりしてみてください。
実際、口座を作り、デモトレードを始めないと、FXの用語も基礎知識もなかなか身につきません。
このサイトでは、わざわざFXの入門編みたいなのはやりません。
今は、初心者に親切なサイトが沢山ありますから、そこでやり方や用語などは覚えてください。
少なくとも、MT4というトレードをするアプリが使える様になってください。
今後、このサイトでも実際MT4のチャート画面でお話しすることもあると思います。
今回はこの辺で締めようと思いますが、最後に私が実際使っている証券会社を紹介して終わろうと思います。
私が使っているのは、OANDAという所です。



はじめからOANDAだったわけではありませんが、今のところ自分的に一番やりやすいのがOANDAです。
ちなみに最初は、FXではなく、バイナリーオプションをやっていたので、クリック証券でした。
FXに移った時に、MT4が使えなかったので、OANDAにしました。
OANDAにした理由は他にも色々あるんですが、日足が5本だとか約定拒否が無いとか。
FXやってみようというかたは、OANDAおススメします。
次は特に書く事まとめてないのですが、FXで具体的な話をしていきたいと思っています。
勝ててない方には徐々に為になってくると思います。
でわでわ。

TOP