ごきげんよう、管理人の透-架(とーか)です。
まず何よりも先に理解しなければいけないのはダウ理論です。
これが理解できないと、現在のトレンドがアップトレンドなのかダウントレンドなのか解りません。
なぜトレンドを知る必要があるのか、それはトレンド方向に乗っかった方が利が得やすいからです。
ですから、基本的にエントリーはトレンド方向に順張りをするというのが理想的です。

—ダウ理論とは—
チャールズ・ダウが提唱した市場での値動きを評価するための理論である。
と、wiki等を見ると書いてあります。
ダウ理論には色々な基本法則がありますが、FXで必要な基本法則は1つだけです。

・トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

これだけです。
「高値を更新して、安値を切り上げていく動きがアップトレンド」
「安値を更新して、高値を切り下げて行く動きがダウントレンド」
おそらく、どこのFX攻略系のサイトを見ても、似たような事が書いてあると思います。
この、更新・切り上げ、更新・切り下げを継続する限りは、トレンドが転換したとは言えませんよ、という事です。
言葉では解っているつもりでも、実際のチャート見ると、トレンドの方向が解らなくなる人が多いです。
トレンドの方向を知るためには、チャートに高値・安値を意識しながら線を引いて波を描いてみるのが一番です。
むしろ、この波を描く事がスラスラ出来る様にならないと、ダウ(トレンド)が理解できたと言えませんし、
アップトレンドなのかダウントレンドなのか、自分の中でしっかり確信を持つことができないので、トレードにおいて目線の固定ができません。
波を描く作業は、基本中の基本、ここを面倒臭いと言って手を抜くと、絶対に勝てません。
波の描き方も、後ほど丁寧に教えて行くので、まずは実際にやってみてください。
スポーツでもそうですが、実戦経験を積んで経験値を得て、それがレベルアップにつながっていくものです。
FXも例外ではありません、文章を読んで、解った気になるのが一番駄目で、なぜかFXをやり始めた人はネットの広告のせいもあるでしょうけど、
すぐ勝てる、すぐ儲かると思ってしまうんですよね。
FXは大きな夢を叶えてくれる可能性は間違いなく持っていますが、勝てる様になるためには、それ相応の努力は絶対必要です。
ただ、FXは努力しただけ絶対結果が付いてきます。
勝てない方は、努力が足りないか、努力の方向性が間違っている可能性があるので、この基本の段階からしっかりやりましょう。
で、自分で試行錯誤しながら、自分の頭を使って実際にやることで、体に染み込んで習慣化されます。
習慣化というのは、本人の中で「当たり前の事」になるという事です。
歯を磨いたり、靴ひもを結んだりするのと同じ事です。
習慣化すれば、チャートに波を描く事は面倒臭いとも、何とも思わなくなります。
少し話がそれますが、人間は、いつもの行動・作業から逸脱したり、新しい事に取り組もうとすると、拒否反応が出ます。
これは人間としてふつうの事で、苦痛・面倒という様な感情が出るのは、本能的に間違いではありません。
ですが、そこを1週間ぐらい我慢すると、不思議な事に、苦痛だと思っていた行動や作業が、習慣化されはじめて、
今度は逆にその行動や作業をしないと人として違和感を覚える様になります。
ですから、最初はつらい事でも、それが自分の人生において必要な事なら、習慣化させるべきだと私は思います。
FXでお金を稼ぎたいのであれば、波を描く事は必須だと思ってください。
次の項目では、波を描く前に、トレンドをもう少し掘り下げて解説してみます。


図を見てもらえれば解る通り、トレンドというのは波を形成しながら作られて行きます。
ここではFXは「買いの勢力」と「売りの勢力」の戦いという事も含めてトレンドを解説していきます。
解説はアップトレンドですが、ダウントレンドはこれの真逆だと思っていただければ大丈夫です。
まず、トレンドに限らず、相場で一番重要なのは高値と安値です。
相場の参加者、特に「相場を動かす力を持っている人」は高値と安値しか見ていません。
では、高値と安値って何でしょうって事で、図を見てもらえると解りますが、高値と安値の部分って
山と谷が出来ている部分という事が解ると思います。
なぜ山とか谷が出来るかと言うと、買いと売りの勢力に差があるからです。
アップトレンドと言っても、買いの勢力が相場で好き放題やっているわけではなく、必ず売りの勢力が抵抗してくる場所があります。
ここを突破されたら困る、都合が悪いという売り勢力が必死で防衛するところが必ずあります。
必死で防衛しますが、結局アップトレンドでは買いの勢力が強いので全て売りの勢力は殲滅されて行きます。
こうして、抵抗と突破を繰り返して波を作って行くのがトレンドと言うもので、
買いの勢力が売りの勢力を完全に殲滅していくのがアップトレンドになります。
図はチャート上に引いたラインでは無いですから、比較的理解しやすいと思います。
これがチャートになると、途端に解らなくなる方が大半なので、次回はチャートを使って波の描き方を説明します。