ごきげんよう、管理人の透-架です。
仕事が忙しくてなかなかテキストが進みません。
今の仕事が嫌いな訳ではありませんが、人間関係で精神的にやられてしまう事が多く、
早く稼いで、仕事を辞めたいところです。
ただ、部下を見殺しにして仕事を辞めようとは思ってないので、今のうちに自分のチカラでお金を産む事を教えて、
FXの方もちょっと勧めたりしてるのですが、怖いだの、向いてないだの言い訳ばかりで、本当に勿体ないなと思います。
さて、話は逸れましたが、今回は前回の「エリオット波動」と前々回の「ダウ理論のお勉強その1」をミックスした
お勉強になりますので、前の項目を勉強していない方は、きちんとダウ理論その1から学習お願いします。
まず、トレードを行う前には、チャートを見て、相場環境認識をするのが基本になります。
相場環境認識って、トレーダーによって色々違いがあると思うのですが、ダウやエリオットを無視して
お金を稼いでいるトレーダーって私は居ないと思っています。
FXにおいて、ダウとエリオットは常識中の常識で、基本のルールみたいなものです。
なので、継続的にお金を儲け続けるためには、絶対に外せない項目です。
では、実際にどういう風にダウやエリオットを使って相場環境を認識していくかをやって行きましょう。
チャートにトレンドやエリオットをカウントした波を描いて行き、トレンドはどうなっているのか、何波目なのか、
という風に、今自分が今立っている場所がどういう局面なのかを把握する事が、相場環境認識です。
馴れてくると、波を描かなくてもなんとなく解ったりしますが、1年間はみっちり波を描いて環境認識するように癖付けた方が良いです。
まずは、現在進行中のチャートではなく、過去のチャートで波を描く練習をします。
大事なのは、最初にパッと見てアップトレンドかダウントレンドだなと誰が見ても解るような簡単なチャートで練習します。
それでは具体的に図解しながらやっていきます。

この様な本当にトレンドが波を描かなくても解りやすいチャートを探します。
通貨ペアは何でもいいです、時間足は日足でやりましょう。
この図で、一番大きい高値と安値に線を引きます。

この線が一番大きな波になります、解りやすい様に赤色にしましょう。
次にこの線の向きと反対方向に向かっている一番大きい高値と安値を結べるものを探します。

これが修正波になります。
この修正波と同じ値幅(長さではないくて、値幅です)が他にないかどうかを比べたりしながら探します。
もしあればそこにも修正波を描いてください。
ほんのちょっと値幅が違うくらいであれば、同じと見て問題ないです。
同じ値幅の修正波が沢山ある場合は、3波が最短にならない様な修正波を選んでください。
そして、修正波を推進波で繋げてください。

すると推進波5波が完成し、これが2番目に大きな波となります。
大きい波と色を変えて解りやすくしておきます、ここまでで解る事が色々出てきます。
5波の推進波を形成したという事は、この次に発生するのは修正波3波(abc)です。
修正波3波も描いてみましょう。
描き終わったら、念の為にエリオットのルールに則しているか確認をします。
確かめ方は、2波と4波の修正波を見ます。
前回エリオットのルールで説明したと思いますが、どちらかが簡単でどちらかが複雑に見えてれば推進波の可能性が高いです。
あとは、3波目が1波5波より最短になっていないかどうかも大事です。
出来上がった過去チャートでやっているので、全て結果論ですけども、これを沢山練習して、沢山波を描いて
実際に動いているチャートで、目線は買いなのか売りなのか、現在が何波目なのか、推進波なのか修正波なのか、
これから来る右側をある程度予想する事が波を描くと解る様になってきます。
練習なので、何回間違っても構いませんし、何回でも描き直しましょう。
実際に動いているチャートで波を描いても、エリオットのカウントが間違っていたなんてのはザラにありますし、
エリオットやダウを正しく描けるのが一番ですが、一番大事なのはお金を稼ぐ事ですから、間違っても気にせずに
その都度修正して学習して行けば良いのです。

一応、最後にポイントを加えた図を置いておきます。
さて、波を描いたら終わりでは意味がありません、波を描いたら、自分の中の基準ができたと思ってください。
基準とは何かですが、相場の参加者がどのくらいの規模の値幅で戦っているかが解ります。
推進波5波の後は修正波3波が発生しますが、ここで推進波の中の修正波(2波と4波)の値幅を確認します。
何故かと言いますと、推進波5波の後に発生する修正波3波のa波、b波、c波のb波の部分が推進波2波と4波の値幅と
同じくらいになる確率があるからです。

白い線で描いているところは同じ値幅です。
この修正波の値幅を確認しておくと、より相場の右側の予想がしやすくなります。
どういう理屈でそうなるかと言いますと、エリオット的には、推進波5波、修正波3波で1グループと考えます。
推進していくグループは勢いがあり、その流れに便乗してくる人も多いので、値幅はどこまで伸びるのか、どうなるのかは
誰にも解りません、解るのは3波が一番伸びやすいという情報だけです。
しかし、その推進に抵抗する修正波2波4波は、これ以上行かれたら困るっていう限られた人達であると考えられます。
わざわざ、アップトレンド中に逆行する2波4波に賛同してくる投資家は少ないと思います。
逆張りっていうトレードのスタイルもありますが、利を伸ばすなら順張りが王道です。
なので、同じ値幅の修正波ってのは結構いたるところで出ます。
出たって事は、その波のグループには、推進波にせよ、修正波にせよ、同じ規模(相場の参加者が同じ)の買いと売りの人達が参加している可能性が
高いという事で、波の大きさの規模もおおよそ検討がつくのが、エリオット波動の凄いところだと思います。
極端なエントリーのたとえ話ですが、推進波の一番伸びる3波を見逃した時に、入れなかったと後悔するのではなく、
修正波2波の値幅をすぐ計って、修正波4波が出るのを待ち、2波と同じ規模の4波を確認して、しかも修正波が簡単複雑の
関係になっていたら、5波は確実に取りにいけると思います。
この様に、エリオット波動を見て行くだけでも、エントリーできる根拠、優位性というのが出てきます。
ダウに関しても、アップトレンドだった場合、推進波5波の1波目の安値が、修正波3波のC波が下回らない限りは目線は買い目線です。
C波が終わって、また推進波の1波2波を確認できたら、一番伸びる3波で買うなど、ダウで目線を固定するのも大事です。
ですから、ダウとエリオットを駆使して沢山波を描く練習をして、短い時間で相場環境認識の基本が出来る様になりましょう。
とにかく波を描く練習を怠らない事です。
これ以降、色々とエントリー方法や、メンタルの話や、チャートの色んな見方を書いて行く予定ですが、
このダウとエリオットが理解出来ていての話になりますから、うまく行かなくても悩みながらでも、毎日波を描いてみるのを
日課にして、習慣化してしまいましょう。
次回はローソク足の秘密についてお話をしていこうと思います。