ごきげんよう、管理人の透-架です。

まだ生活の方がバタバタしております。

とりあえず、お勉強の方は申し訳ないですが、生活が落ち着くまで待ってください。

(たぶん、待っている人なんていないでしょうけども)

一応、お勉強ではないですが、自分の雑記にはトレードで勝つためのヒントを盛り込んでますので、

雑記でも覚醒する方はいるかもしれません。

今回は、1月のトレードの振り返りと2月以降に向けてという感じの雑記になります。

さて、自分の1月はどうだったかと言いますと、まずまずという感じでした。

反省すべき点は、月の頭に立て続けに3連敗した事でしょうか。

総資金の3%を損切の許容範囲にしてますので、連敗しようが全然気にならないのですが、

マイナススタートはモチベーションが下がるというか、取り返さなきゃって気持ちになりがちです。

しかし、この3連敗は非常に良い転換材料になりました。

まず、トレードスタイルを見直しました。

例えばですが、総資金に対して損切が3%というのは、総資金が10万円であれば、3000円まで損切できるという事です。

0.1ロット運用であれば、30pipsが損切許容範囲内という事になります。

私のトレードスタイルは、1日10pipsなので、自然とリスクリワードが1(10pips):3(30pips)になってしまい。

資金管理は出来ているものの、勝率がかなり高くないと、資金が全然増えて行かない感じです。

ここ最近は、これまで数年間勉強してきた事がようやくチャートに反映する事ができて、右側がある程度見える様になりました。

右側が見えているのにちまちまと10pips取るのはどうなんだろうと思い始めました。

で、一日何pipsではなくて、週間100pipsぐらいを目標にして、取れる所は取りに行くスタイルに変更しました。

これが非常に効果的で、毎日10pipsとかだと、どうしても無理なところでも10pipsを取りに行こうとしたりして

結果やってる回数の割には、負けもあったりして資金が増えていかないわけですが、

週間100pipsとかにすると、1日20pipsですが、1日の獲得pipsは気にならなくなりました。

やらない日もざらにあります。

当たり前の事ですが、チャートを見て、相場環境認識をして、取れる所でエントリーして、明確なゴールに対して

利食いを入れて、根拠が崩れるところに損切を入れる。

もちろん損切は3%内です。

これにより、無理なエントリーも防げましたし、驚くくらいに待つ事が出来る様になりました。

トレンドを把握したら、修正波では絶対に入らないって感じです。

これも当たり前の事ですが、修正波の大きさを計って、修正波が終わったら推進波で買っていく・売っていく、それだけ。

あの3連敗以降、負けはありませんし、1回で20~50pipsをコンスタントにとれました。

という事で、1月は11勝3敗でした。

ただ、週間で目標通り100pips取ったのは1週しかありませんでした。

他の週は70~80pips程度、しかし結果的に1日10pipsよりは稼げてます。

このペースで、計画通りロット数を上げて行けば、半年で総資金は100万、年末には1000万を超える事になります。

これはあくまでも、週100pipsを達成し続けた場合の話です。

現実は、毎日トレードなんてできませんし、週間100pipsを取れない週も余裕であると思います。

あと、ロット数を増やした時のメンタルの問題もあります。

ロット数は慣れるしかありません、自分的には、ロット数を上げても、損切3%許容という決まりがあるので、

メンタル崩壊しにくいスタイルにはなっていますが、こればっかりは乗り越えていくしかありません。

良い意味で金銭感覚が麻痺するように、習慣化して行こうと思います。

2月は日数が少ないですから、思ったような成績にならないかもしれませんが、最低条件はプラスで終わる事と

ロット数を増やす事です。

一応、今年の初めに、資金とロット数を調節した計画表みたいのを私は作っていて、資金がここまで増えたら

0.1ロット増やすというのを今年1年はやっていきます。

ひたすらその通りにやっていくだけなんですが、複利シミュレーターに近いかもしれません。

計画どおりに事がすすむと、6月には自分の給料は余裕で越えますし、年末には総資金は1000万超えてます。

今年は本当に本気で生活を激変させるための土台作りの年なので、この目標は理想の夢の様な話をしているのではなく、

実現するためのリアルな目標です。

サイトのお勉強にも説得力が増す様に、頑張っていきたいと思います。

さて、ちょっとだけおまけ。

たぶん、FXの勉強をし始めると、損切は上手になっていくはずなんです、色んなサイトにも書かれているし。

根拠の無くなるところに損切を置くとか、毎回何pipsって決めるとか、置く場所は結構解りやすいんですよね。

それに対して、利食いってのは明確に教えてくれてるサイトは少ないと思います。

理由は、どこまで伸びるか解らないからってのが主な理由だと思います。

解らないから、不安になり早めに利食いしちゃったり、逆にもっと伸びると思ってたら下がってきちゃって

損切になったり、微益にしかならなかったりするのだと思います。

お勉強の時にきちんと丁寧に説明しますが、すぐできる簡単な利食いの方法を教えます。

まず、4時間足とか、日足とかのトレンドが出ている部分を見て欲しいんですけども、アップトレンドだとしたら

ダウ理論的には「安値を切り上げて、高値を更新する動き」がアップトレンドの定義です。

こういう風に言葉で説明すると、また理解しにくくなると思うので、誰でも解る様に説明します。

アップトレンドの部分見たら単純に、陰線のローソク足は結果的に全部陽線に負かされていると思います。

なので、単純にアップトレンドであれば、陰線は全部負けるのですから、アップトレンド中に陰線が出たら

その陰線を負かすところがゴールであり、利食いポイントになります。

アップトレンド中に出る陰線は、簡単に言うと修正波ですから、どのくらいの陰線を形成するかは、

直近の修正波を計っておけば、だいたい同じ規模を形成しますから、その規模になるのを待って、

陽線化してきたら、損切が許容範囲であるならば、エントリーして、ゴールは修正波のはじめ付近か

怖ければ直近の陰線を負かすところまでにすればいいです。

とにかく、トレンドを信じて、簡単に考えた方が良いです。

そんな感じで、今回はここまで。