みなさんごきげんよう、管理人のとーかです。
今日はエロい事は書きません。
私の住んでいるところは札幌市豊平区なのですが、震度5強ありました。
夜中の3時ですね、その日は2時半と遅い時間に寝たので、
ちょうどウトウトしていた時に、ものすごい揺れがきてそれがなかなか終わらず
むしろ強くなってる感じがして危険を感じましたが、なんとか大きな
被害はなく収まりました。
その後も何度か弱めの地震が続いて寝れなかったのと、途中で停電になりました。
しばらくは停電にンなっても携帯は繋がっていたので、ラインなどで
色んな人とやりとりをしつつ、断水にならないうちに、浴槽に水を大量にはったり、
水筒や空いたペットボトル、大きなジップロックの袋に飲み水の確保をしてました。
朝になっても電気が復旧せず、携帯も圏外になったので、とりあえず近くのコンビニに
電池とか日持ちのするものを買いに行こうと思いましたが、
コンビニは長蛇の列で、すでに棚も辛いカップラーメンしか残ってませんでした。
その後、嫁が会社の人が充電なくて困ってるというので車で助けに行って
車の充電器で携帯を充電したり、ちょっと田舎の方のコンビニに足を運んで
カップ麺や、みそ汁、パンなど色々買ってきてくれました。
うちはオール電化なので、お湯を沸かしたりするのもカセットコンロでやってました。
幸い、たぶん私のところが一番先に電気が復旧したと思います、翌日の午後3時でした。
速攻で、お湯をはって子供たちをお風呂にいれたり、ご飯を大量に炊いたりしました。
またいつ次の大きな地震がきても良いように、準備はしてました。
電気が他の人よりも早く回復したのでWi-Fiも使えたので、携帯も快適でした。
繋がって無くても、繋がった時にメッセージが見れれば良いと思い、いろんな人に
TVも見れましたので、状況とかを伝えてました。
冷蔵庫もけっこう1日だとそんなに溶けず、腐ったものは出ませんでした、
賞味期限の短いものから調理して、その日の夜は普通に野菜炒めとみそ汁を作り、ごはんが食べれました。
次の日は会社の様子を見に、車のガソリンはあまりなかったので、自転車で会社に向かいました。
その時に自分のところがかなり恵まれていることを知りました。
信号機はまだまだ点いてないところが多く、コンビニやスーパーには開店前からすごい人の列。
もう在庫がなくなって閉まってるコンビニもたくさんあったり、ガソリンスタンドにも
3~4丁目分くらいの車の列があり、給油も1000~2000円分だけとか規制がはいっていました。
会社も幸いそんなに荒れていなくてよかったです。
電気は来てなかったので、特にすることもなく、いろんな社員の状況を聞いて帰りました。
同じ地区でも電気が通ってなかったり、断水のところもあったり、避難所命令が出ているところもあったり
本当に同じ札幌でも全然ちがうんだなと。
特にひどかった清田区は幸いうちの社員も知り合いもいなかったですが、逆に中途半端に
停電と断水だけで、避難勧告が出ていない南区とか江別市とかは大変そうでした。
結局、地震の起きた次の次の日になっても電気が復旧したのは50%くらいで、
大変な思いをしている人は多かったです。
よっぽどやばくなったら、うちにおいでとはずっとメッセージだしてました。
風呂とか携帯の充電ぐらいは、助けれるんで。
地震から3日後、夜に北海道電域で電気の回復が確認されました。
私は朝からガソリンスタンドに向かいました。
2目盛りしかなくて冷や冷やしてたんですが、自分的に予想してたのが、全部回復したってことは
今まで電気が通ってなかった、ガソリンスタンドがガソリン沢山余っているはず。
問題は、営業しているかどうかだけ、これを外すと探してる間にガソリンが減っていくし、
ガソリンスタンドも売り切れになってしまうということで、はじめからあたりを付けて
昨日の夜回復したばかりの自分の区の隣の白石区で探す事にしました。
回復したての人たちはまだ、車のガソリンにまで気がまわらないというか、やっと回復したので
むしろ食事とか洗濯とかお風呂とかそっちに忙しいんじゃないかなと、先に回復した自分の時の
行動を逆手にとろうと思ってました。
これがずばり的中で、ガソリンスタンドにはそんなに並ばないで、しかも満タンに入れれました。
電気の回復した順番を知っているのは強みです。
ただ、スーパーに限っては、いたるところから話を聞きつけ、人がわんさかいて入場制限もかかっていて
お店に入るだけでも1時間以上並びました。
日配品はもほとんどなく、野菜も人参とかキャベツとかはなかったです。
肉も非常に高くて(たぶん量をふやした大きなパックしかなかったため)びっくりしました。
なんか店員さんもバタバタ慌てていて大変だなと思いました。
私の目の前で運んできた卵の棚を倒してしまい大量に卵をぶちまけていて、気の毒になりました。
もちろん手伝いましたが、かなり勿体なかったですね…。
たまごとごはんあれば全然贅沢できますからね、毎日卵かけご飯でもいいくらいです。
うちは子供がいるから、震災時は結構大変だなと痛感しました。
そんなこんなで、意外とたいしてつらい思いはしませんでしたが、これからまた大きな地震が
来る可能性もあるので、油断はできません。
熊本の時もそうでしたし。
なんせ、日本人は本当に仕事に対しては真面目というか、こういうときは家族、家庭、自分自身を大事に
って思うのですが、来る連絡はいつから仕事なのとか、あの仕事は大丈夫なのかとか
私自身はこんな時だから、もう仕事はできるようになってからでいいでしょ。って思います。
なんというかジャパニーズクオリティーってやつだと思うんですが、仕事熱心すぎます。
命の危険を冒してまで、会社にきて仕事をしようとする気質はどうなんだろうなーと。
地下鉄は復旧してますが、住んでる地域で被害はバラバラなので、みんなが普通の生活できるように
なってからお仕事開始でいいなじゃないかと。
クライアントのためにってのもありますが、こんな状況の時に無理強いしてくるクライアントなんて
お付き合いしない方がいいんじゃないかなって思いますね。
とりあえず、生きてるってことで、まだ油断できないですが、ひとまず更新してみました。