※画像はクリックで大きくなります ブランドサイトはこちら:Platinum Milky

ごきげんよう、管理人透-架です。今月1本目はこちらです。
こんな携帯あったらマジでいいなと思いますね。
って18禁ものはたいていそんなアイテムばかりですが・・・。


さて、まずはいつもどおり、Hシーンのあるヒロインの紹介からです。
左から唯奈、渚、姫乃となっております。
姫乃は今回はちょっと触れる程度ですが、私的には一番好みです。
主人公のデブジは渚がメインディッシュみたいでしたが・・・
いつもどおり、シナリオにはあまり触れずに、Hシーンの考察をしていきたいと思います。


まずは・・・ってここまで書いて思い出しました。Hシーンはもう一人いました(おい
主人公の隣に住む小百合を忘れてました。まずは小百合のHシーンから。
尺的に凄い短いです。携帯の説明のかませ犬的になっていますので。
前戯は無く、いきなり正常位からのプレイ中からです。
カメラアングル的には乳揺れから顔に動いていってという感じですが、乳揺れというか
ピストン運動が結構なめらかで良いです。私的にはアクメ顔が苦手というか
そこに興奮できないので、この作品は全員がそうなってしまうので、ここで書いてしまいますが、
それが苦手な人にはきついというか、萎えるかもしれません。


こんな顔です。プレイ中も余裕で目の玉が上に行きかけたりします。
その辺はキャプ画像で判断してみてください。
フィニッシュは膣内描写があります。あと精液の量は多いですので、そこにリアリティを
求めている方も注意です。


次は、唯奈ですが、唯奈はフェラとその後自分の部屋でのオナニーのみです。
オナニーとか言っても、催眠で唯奈の妄想が本番行為なので、
本番やってるようなものなんですけども、オナニーです(えー
で、妄想なので、周りが黒いのが残念というのと、ちょっと作画が微妙でした。
バックのアングルが豊富でよかっただけに作画が残念なのと、やはりアクメ顔が
私的には厳しかったです。で、唯奈の場合は中の方の演技もちょっとイキすぎでして、
これが好きだって方もいるんでしょうけども、私的には厳しい感じでした。
膣内描写がここでもあるのですが、小百合のときとはちがい断面図です。
私的にはこの断面図の方が好きです。


次、メインディッシュの渚です。
メインだけあって、シチュエーションにこだわりがある気がします。
携帯をフルに活用して、催眠と本音を上手くおりまぜて、服従しきらない感を
だしてくれたのはよかったです。全員が全員従順にというか快楽に溺れて
速攻でアクメ顔になられてもこまるので・・・。


後半、子宮の中に入るところが断面図で表現されるのはよかったです。
でもそれに伴い、アクメ顔発生なんですけどね・・・。
貫かれた直後の顔は良かったです。H中のびっくりした顔ってのは指摘にツボです。
渚のHシーンのカメラアングルは基本的なパターンがあってそれを繰り返し使っていますが
台詞まわしや表情は結構変わるので意外と気になりません。反転もあったりします。
中出しのフィニッシュは渚が結構心の声で否定的なことを言ってるので
ソフトレイプ的なシチュになっていますが、かなり独特な台詞まわしです。
で、一回出して、次はバックでもう1回中出し。おまんこキター、おまんこイクー
という意味不明なんだけどよく耳にする台詞を連呼して果てます。


そしてこの(アクメ)顔である。
渚のHシーンは使いまわしこそ多いものの尺が長いですし、リズムが良いので
気にならず、ピストンもスムーズな動きで綺麗です。フィニッシュ時は高速になり
ちょっと残像が発生しますけども。


最後は、姫乃です。
こちらも唯奈同様に妄想にやられてしまってますけども、お嬢様的台詞回しが
うざいかと思いきや、なんだろう・・・すごいしっくりくるんですけど・・・
中の人が上手いのかな・・・凄い好きな声というか演技でした。
で、尺は凄い短いです。アングルも多くはなく、その多くない中で連続中出しだったので
リズムがよくてよかったです。
1回目と2回目は同じ体位なんですけど、アングルを変えてきたのは素晴らしいです。
このほんの少しの違いがたまりません。
中出し描写は外側からで、少しだけ精液が垂れるだけだったので、一番中出しらしい
中出し描写でした。
次回も楽しみなんですが、もう調教済みだからどうなんだろう・・・不安だ・・・
(C)シルキーズ/学園催眠隷奴製作委員会


学園催眠隷奴 anime:01 あんたって本当に最低の屑だわ!