※画像はクリックで大きくなります ブランドサイトはこちら:ガールズトーク

私的にはかなり惜しい作品です。というのはHシーン以外の等身がおかしいのと、
Hシーンのピストンの動きの良し悪しの差が広いです。
射精の量とか、話の内容とか、Hの臨場感は非常に上手いと思いました。
カメラアングルも使いまわしはあんまり無いですし、なによりよかったのは
女の子のイキ方です。よく18禁アニメでありがちなのが、男が射精するときに女側も一緒に
イクわけですが、大抵本当に同時で女側の全体1枚絵とホワイトアウトか、男性の射精描写か
膣内描写後の全体1枚絵とホワイトアウトという感じでしょう。
この作品は、女性がきっちりビクビクと体を痙攣させながらイクところを非常に大事に尺を
割いていて、その後射精シーンが同じ様な描写で表現されています。
なんというか女性がイクところで過度な表現を使わずに、痙攣で表現してるのが私的に
ずっと18禁アニメを見ていて待っていた表現です。
いつも書いてるかもしれないですが、LOVERSのHシーンのフィニッシュが理想的動きであり
アングルだったりするので。
嫌がりながら痙攣してイク描写は素晴らしいと思いました。
てっきり1話で妹、2話で姉とか思ってたので、1話でこれだけ詰め込んでるのはよかったです。


(C)2010 淫夢学園製作委員会/ルネ


淫夢学園 第一話 「淫夢に囚われた美人姉妹」