ブランド:メリー・ジェーン

ごきげんよう。管理人の透-架です。トリプルHってWWEのレスラー思い出しますねw
って事で、感想考察やっていきます。
まずはHシーンのあるヒロインの紹介から。
HHH01-0001
タイトルどおり、ヒロインは高島しぐれのみ。ちなみに管理人は原作は見てません。
結構原作の描写というか特徴を忠実に再現しようとはしてるみたいです。
メリージェーンさんは作画も描写も丁寧なので、私的には好きなブランドです。
HHH01-0002HHH01-0003HHH01-0004
さて、オナニーシーンは飛ばすとしまして、初めの本番シーンから。
処女設定ですが、しぐれさんがH大好き傾向にあるために、珍しい処女喪失Hと
なっております。痛がりはしないです。子宮にキスされて喜んでおります・・・。
基本的には体位はずっと騎乗位ですが、アングルは多く使いまわしは無いです。
騎乗位でも前のめりや反り返りなど、しぐれさんがいかに気持ちよくHをしているかが
ピストンもリズミカルで、男の子がイク前に何度もしぐれさんがイク描写は
軽い静止的な表現なんですが珍しいと思います。
フィニッシュは原作の特徴らしいですが、断面図を採用。子宮に精子が入っていく様を
描写して、なおかつヒロインのイク表現の静止画がきて、そのあとちゃんとチンコを抜くところも
あり、ちゃんと一連のフィニッシュを省略せず演出しているのでなかなか良いです。
断面図は私的に同じメリージェーンさんの聖徒会長ヒカルの方が好きですw
HHH01-0005HHH01-0006
次、ロッカーの中で水着を着た本番プレイ。
片方隠して片方おっぱい出てるのは好きですね、PoROさんが得意ですけども。
断面図を横アングルでくるとは思いませんでした・・・色々新しいですね。
ロッカーで外には女の子達が着替えをしていて、声がでちゃうからキスしてというのも
可愛くてそそりますね。ちなみに尺は凄い短いです。
HHH01-0007HHH01-0008HHH01-0009
次、花火大会?お祭り?での林の中での浴衣プレイ。
立ちバックから背面駅弁状態でフィニッシュ。
これまた断面図ですが、イク時にしぐれさんが放尿します。
その後の表情がまた感じすぎると涙がでたりする女の子もいますが、そんな感じで
いかに気持ちがいいかが上手く描写されてるなと思いました。
HHH01-0010HHH01-0011HHH01-0014
最後、しばらくHができなくて溜まりにたまった性欲を爆発させるしぐれさんのHシーン。
顔面騎乗位良いですね、尺は短いけどなかなかアニメでは少ないので貴重です。
AVでは結構流行ってるみたいですけども。
この作品全体にいえますが、挿入時のゆっくり入っていく演出は好きですね、
非常にはいっちゃうという女の子描写がうまく描かれているし、H大好きで淫乱って
のがやりすぎに感じないバランスが良いです。
HHH01-0012HHH01-0015HHH01-0017
初めの中出し後、Hは続くのですが、そこは結構使い回しが多かったです。
要所要所は使いまわしてませんけども。
HHH01-0013HHH01-0016
全体的にH大好きな女の子が上手く描写されていたし、
相手の男の子は必要最低限の台詞しか言いませんので、男側の声が気になる人にも
この作品はオススメです。
(C)2010 DISTANCE/コアマガジン/メディアバンク/メリー・ジェーン

HHH トリプルエッチ しぐれ編 [DVD]
HHH トリプルエッチ しぐれ編 [DVD]