※画像はクリックで大きくなります ブランドサイトはこちら:PoRO

どうもみなさんごきげんようです。Blogに移転して初の18禁アニメ感想考察です。
更新がしやすい方法を吟味しつつ、書いていきたいと思います。
で、1月の作品の中からどれにしようかと思ったんですが、無難というところでこれになりました。
Tony’s ヒロインシリーズと悩んだのですが、それも時間があれば感想考察したいです。
さて、では恒例のHのあるヒロインの紹介からです。
 
左からメインヒロインのあかね、そしてその姉の亜弓です。
あかねは終始京介とのHシーンがあります、亜弓の方は最後に1絡みです。
上巻もそうでしたがHシーンばかりなので、取り上げるシーンも絞って考察していきたいと思います。
あ、Hシーンばかりと言っても、クンニやフェラが多く、本番はあかねも回想含め3回です。
で、考察前にどうしてもつっこみたかったシーンがありまして・・・

昨夜、ベランダであかねと京介がHしてたわけですが、ベランダの造りが違います・・・
ひょっとしたら主人公が見上げてるこれはベランダじゃないかもしれませんが、
それだけではなくて・・・・

これがベランダです、次の日も昼間からH三昧。
さっきの主人公が見上げてた造りを見ても2~3階だと思うんですよ。

高っ!!!周りのビル高っ!!
以上です・・・。
では気を取り直して、本来の感想考察に戻りたいと思います。
主人公麻人が居ないのをいい事にH三昧のあかねと京介ですが、
ベランダ・玄関・風呂場とダイジェスト的に描写があります、その中でも
風呂場は尺が長かったので、まずはそこからまいります。
  
尺が長いと言っても他に比べて長いということで、じっくりという長さではないです。
とらいあんぐるBLUEは全体的に作画が安定していて、細かいわけではないんですけど
一番左のキャプの様な服をずり上げておっぱいが露出するシーンなんかは無駄にと言ったら
失礼ですが、ぷるんぷるんしています。こういうアニメならではの表現は大好きです。
視覚的に非常にそそられますよね。この作品は基本中出しです、基本というか全部中出しですw
で、注目すべき点は中出しされる時のあかねの台詞のバリエーションの抱負さです。
中出しされる直前までは、私的にあまり好きではない独特の言い回しが多いです。
例えば、「ダメ、子宮がいうこときいてくれないのぉ」「子宮がうれし泣きしちゃうよぉ」等。
こういうのを現実ではありえね~とか言うのはナンセンスですが、私はこういう台詞には
興奮しないもので、一応購入される方はそこらへんも気を付けたら良いと思います。
で、この風呂場のシーンの中出し間際の台詞は「ちょっと、ちょっと京ちゃん、ダメ、待って、ねぇ」など
中出し拒否の中でも私的にこの拒否り方は秀逸です。
なかなか「ちょっとまって」という台詞、中出し拒否には意外とないんですよね。
この台詞1つだけで、この作品の評価がかなり上がりました。
  
作品的には時間軸が逆になりますが、この回想シーンって、上巻にありましたっけ・・・
上巻がもう手元に無いので忘れちゃいましたが、この両手持ちバックは無かった気が・・・
あったらすいません、知ってのとおり私はこの両手持ちバックが好きでして、実際やるのは微妙ですが
AVなどもこの体位があると、評価があがりますw
フィニッシュ近くになるにつれて体が上がってくる表現があったらなお良かったと思います。
  
あかねの最後の絡みです。尺は非常に短いですし、体位は正常位のみですが
この絡みは私的に台詞まわしが普通で、良かったです。麻人のHで満足できていない女の欲求不満が
良いです。そして正常位で私的に一番好きな絵はこの腰が浮くところ、感じると女性によっては
こういう風に腰を浮かして感じる部分に男の性器が当たる様にする人、逆に当たらない様にそうする人
色々いますがこの反り具合が私的にたまりません。男が持ち上げるわけではなく勝手に反るのが
かなりの高ポイント。アニメにしろAVにしろ腰の反りってどの体位でも重要でそこに私は
性的興奮を感じます。この絡みは黙って中出しでした。
  
最後になります。作品的にも一番最後です。亜弓の絡みは正直もっと見たかったです。
フェラに始まり、アナルからアソコに移動、そして中出し。
アングル的には、最後の方はアップかロングかの差でしたが、アナルからアソコに変わるときの
リアクションが良かったです。普通逆かなとも思うのですが、中出しをさせるためにあえて
アナルを開発してそっちで勘弁願うというのもエロアニメにはありますよね。
そう言えばピストンの早さを書いてませんでした、この作品は終始一定したピストン運動で
フィニッシュ間際にちょっとだけ早くなりますが、尺的にほんの一瞬程度ですんで
むらかみてるあきみたいな残像拳はないです。むしろゆっくり目なピストンです。
寝取られ作品ではありますが、主人公がほんとヘタレなんで、寝取られてる感が薄いかもしれないです。
1月の中では1番かどうかわかりませんが、私的には上位ですこの作品。
作画や処女喪失は上巻オススメですけども、トータル的には下巻よかったと思います。
(C)LiLiM DARKNESS/PoRO

とらいあんぐるBLUE 下巻 初回限定版 [DVD]
DMM:とらいあんぐるBLUE 下巻 初回限定版
シリーズ:とらいあんぐるBLUE メーカー:エイ・ワン・シー レーベル:PoRO